チラシ広告のあり方

チラシの消費者からの見え方

広告

主婦ですから、毎日の広告チェックは欠かせない仕事のひとつだったりします。 節約術を書いてある主婦の雑誌を読むとチラシはカラーではなく一色刷りのチラシ印刷が狙い目と書かれています。 あまり広告費がかからない一色刷りのチラシ印刷は広告内の商品を激安にすることが出来るので派手なカラー印刷された広告より激安商品にめぐり合えるチャンスが多いとの見解でした。 確かに見易さや目を惹くのはカラー印刷で綺麗に商品の写真が載っているものですが、値段の激安さは一色のチラシ印刷の方が目立ちます。 広告がたくさん出ている曜日に、一色で刷られたチラシ広告には目を光らせていないと激安お得商品を逃してしまうかもしれませんね。 ただ、お得だといってもストックがたくさんあるのに買いすぎるのは節約にはならないので注意しましょう。

印刷業界の顧客獲得奮闘

消費者を集めるにはまず宣伝をしなければ顧客は集まってはくれないのは当たり前のことです。 しかし、広告費にお金をかければ顧客が自然と増えていくと言うわけでもないのが難しいところです。 一時円高で自動車の輸出産業が大打撃を受けていた頃がありました。その頃の自動車業界はテレビの広告費が高く、思ったよりも集客数が落ちてきていることからテレビCMを削りネット広告へと力を入れていると言われていました。 その時のニーズや社会情勢により、企業は自社の宣伝を工夫することで難を乗り越えていっているようです。 チラシ印刷においてもあえてカラーの綺麗な写真の印刷を打ち出してみたり、逆にカラーが多い日などはモノクロの手作り感を出して目立たせてみたりと工夫をしているようです。